欢迎光临31℃,本博分享:
开源项目/软件/主机/灵修/美文

《僕が死のうと思ったのは (曾经我也想过一了百了)》- 中岛美嘉

歌手:中島美嘉

所属专辑:僕が死のうと思ったのは – (曾经我也想过一了百了)

手机党少年们想听歌,请使劲儿戳(这里

作曲 : Hiromu Akita
作词 : Hiromu Akita
僕が死のうと思ったのは ウミネコが桟橋で鳴いたから
曾经我也想过一了百了 因为有海猫在码头悲鸣
波の随意に浮かんで消える 過去も啄ばんで飛んでいけ
随着浪花起伏消没 叼啄着往昔飞离不见
僕が死のうと思ったのは 誕生日に杏の花が咲いたから
曾经我也想过一了百了 因为生日那天杏花开放
その木漏れ日でうたた寝したら 虫の死骸と土になれるかな
若是在那洒下的阳光里打盹 能否与虫之死骸一同化为尘土呢

薄荷飴 漁港の灯台 錆びたアーチ橋 捨てた自転車
薄荷糖 渔港的灯塔 生锈的拱桥 丢弃的自行车
木造の駅のストーブの前で どこにも旅立てない心
木造车站的暖炉前 无处可去的心灵
今日はまるで昨日みたいだ 明日を変えるなら今日を変えなきゃ
今天与昨天如此相像 想改变明天 必须改变今天
分かってる 分かってる けれど
我知道 我知道 但是…
僕が死のうと思ったのは 心が空っぽになったから
曾经我也想过一了百了 因为心中已空无一物
満たされないと泣いているのは きっと満たされたいと願うから
感到空虚而哭泣 一定是渴望得到充实
僕が死のうと思ったのは 靴紐が解けたから
曾经我也想过一了百了 因为鞋带松开了
結びなおすのは苦手なんだよ 人との繋がりもまた然り
不擅长重新系起 与人的牵绊亦是如此
僕が死のうと思ったのは 少年が僕を見つめていたから
曾经我也想过一了百了 因为少年深情凝视着我
ベッドの上で土下座してるよ あの日の僕にごめんなさいと
抱膝跪在床上 向那天的我说抱歉
パソコンの薄明かり 上階の部屋の生活音
屏幕的微光 楼上的噪音
インターフォンのチャイムの音 耳を塞ぐ鳥かごの少年
电话的铃声 紧塞住双耳 那笼中的少年
見えない敵と戦ってる 六畳一間のドンキホーテ
与看不见的敌人战斗着 六畳一间的堂吉诃德
ゴールはどうせ醜いものさ
反正目的也是一样丑陋
僕が死のうと思ったのは 冷たい人と言われたから
曾经我也想过一了百了 因为被人说是冷血
愛されたいと泣いているのは 人の温もりを知ってしまったから
想要被爱而哭泣 是因为尝到了人的温暖
僕が死のうと思ったのは あなたが綺麗に笑うから
曾经我也想过一了百了 因为你灿烂的笑容
死ぬことばかり考えてしまうのは きっと生きる事に真面目すぎるから
尽考虑着死的事 一定是因为太过认真地活
僕が死のうと思ったのは まだあなたに出会ってなかったから
曾经我也想过一了百了 因为还未与你相遇
あなたのような人が生まれた 世界を少し好きになったよ
因为有像你这样的人出生 我对世界稍微有了好感
あなたのような人が生きてる 世界に少し期待するよ
因为有像你这样的人活在这个世上 我对世界稍微有了期待
赞(0)
未经允许不得转载:三十一度 » 《僕が死のうと思ったのは (曾经我也想过一了百了)》- 中岛美嘉

评论 抢沙发

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址